RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

カテゴリー

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■この記事はマガジン本誌のネタバレを含みます。
相変わらず予定いっぱいで宿題なんてやってる暇が無い(笑)。
しかし3回連続でサボっている上、ジャンプの感想まで書いていると
ここがネギまブログかどうかも怪しくなってしまいますので
そろそろ真面目に書きます。
-----
と思ったんですが、凄く眠いので今日は寝て良いですか?(殴)
(※ここまで水曜の夜に書くも、力尽きる)
-----
ところでのどか15歳さんの「図書館島2日目」のレポを読みました。
アフターは参加していなかったので。
本当にクイズ採用されてる……悩んだ甲斐がありました。
あと課外授業のポスター争奪戦。
多分私が送ったやつでしょうね……しかも2枚もあったし(苦笑)。
★16巻、ここまでのあらすじ。
■超によって書き換えられた未来。過去(学祭3日目)へ戻るため、
ネギたちは魔法先生と対立しながら世界樹深部を目指す。
なんとか3日目に戻った一行、超の計画を阻止するための
ネギのアイデアとは?
■夏美ちゃんの出番はない(ぉぃ)。

★147時間目「打倒、超計画の全貌!!」
■ネギが超対策に選んだのは、最終日の全員参加イベントだった。
本国から調達した魔法具(対ゴーレム用)を一般人に配り、
超軍団への対抗戦力とする。
チャオの手段・目的を知っていたからこそ成し得た、
かなり魔法バレギリギリの策と言える。
■「まほら武道会の演出にも使った」を謳い文句に、
イベントの準備はお祭り気分も手伝って、着々と進行します。
■チャオの目的を知る朝倉&さよも合流。
しかし魔法先生の運命までは知らされていなかった様子。
カモから「無自覚の一般人」を使った防衛策を聞かされた朝倉、
周囲の人間を巻き込むのを拒んでいたネギの変化に、思わずニヤリ。
■準備は整った……が、それを読んでいたのか、
超軍団は予測より1時間早く奇襲をかける。
チアが応戦するも、ビームを食らって円が脱げる(笑)。
とはいえ計画通り、一般人の命の危険が無いことは分かった。
果たして魔法使いたちは世界樹を防衛することが出来るのか?

★感想と考察「防衛結界発動」
■麻帆良祭もようやくファイナルラウンド。
バトル編の弊害となる「一般人の出番不足」「サービスシーン不足」
きっちり補う脱げビーム(笑)……もとい、防衛作戦が発動。
今週、早速約1名が餌食となりましたが、これに関しても
各地で絶大な効果が観測されています(笑)。
今後特に注目すべきは一般人トップスター・亜子か?
■あのローブはアンティークではないようですね。
単なる対衝撃用の魔法アイテムか、
もしくは魔法具を一般人が使うためのサポートをしているのか。
魔法具は世界樹の魔力のおかげで使えている可能性もあるので、前者っぽいですが……ビームに弱すぎるな(笑)。
-----
■まき絵は普通に絵になりますなぁ。
今週の最初の数ページ辺りとか……。
キャラの個性が立っている今でも、パッと見で感じます。
第1回人気投票1位は伊達じゃありません。
■チア。
現在、世間の注目は約1名に集まっているわけですが……。
個人的には「どんどんぶっ殺しちゃう」の桜子の真ん丸さに萌えです(笑)。
あと、美砂の魔女ルックが魔理沙に見えてきました。
マスタースパーク撃ってくれないかな。
-----
■ようやく朝倉登場。
劇的に寝返ったりするかと思いましたが、そういうことは無し。
出てきたからには何かやってくれるハズですが……
どうしても千雨&ハルナの台頭で、立ち位置が狭くなってます。
こうなったらパクテ(以下略)
■先週ハルナが描いていたのは、ビラのイラストだったのでしょうか。
てっきりゴーレムを先に作っているのかと思っていたのですが。
-----
■「学園全体鬼ごっこ」については、9巻で千鶴が述べています。
黒いオーラの冗談交じりでしたけど。
あの時は嘘か真か……と言った状態だったのですっかり忘れていましたね。
ところで千鶴&夏美はどこへ?
■そういえば魔法先生&生徒が集合しているところにも
小太郎とタカミチの姿が見られません。
特に小太郎は未来にも登場せず、3日目以降の足取りが全くつかめないのは何かクサいものを感じます。
寝返りだけはカンベンね。
-----
■それにしてもカモ&朝倉の言う
他人を巻き込むことを恐れていたネギ
一般人を巻き込んだ大胆な作戦を立てたことは
「ネギま!」という作品がココに来て折り返し点を迎えようとしている事の現われではないでしょうか。
詳しくは後日記述する予定ですが、ネギという人物に与えられていた要素が、
彼の成長とともに解消されつつあるのです。
これは「ラブひな」の景太郎のケースに似ています。
東大合格という目標の解消、そして夢を得て、海外留学。
物語は大きく折り返し、以降主人公はなるへとチェンジしました。
全てのキャラ(生徒)が出揃い、ネギが内面の弱さを克服した時、
すなわち麻帆良祭を終えたとき、「ネギま」がどちらへ向かうのか。
注目です。
って言うかその記事、ちゃんと書く時間があるか心配です(笑)。

★トラックバック
「ケセラセラ ~遠回りをしても止まらずに」
「まいぺーす日和」
「Vv, Sm」
「いつかは何かがある」
「ネギま部屋」
「欲望のままに生きた痕」
「気が向き次第書くブログ」
「URA-CH@OS」
「十兵衛の呟きじゃあ!」
「小見雲のネギま!応援団っ。」
スポンサーサイト


プロフィール

西崎慧太

Author:西崎慧太

プロフィール画像は
「ほしのはて」さんからお借りしています。

にしざき・けいた。
ネギま、特に村上夏美に激しく傾倒する神奈川在住の23歳男性。HNは本名ではないが、妙な紛らわしさがあるので、外部では「慧(けい)」の名で活動している事が多い。相変わらずマイペース更新な社会人2年生。




カウンター:2006/05/06~

リンク/アンリンクフリーです。

■西崎慧太の水の都
 -The Pocket Castle-
2000/11/25 開設(旧館)
2006/03/06 ブログ化。

独り言:
■テンプレを少し弄りました。何か不具合があったら報告お願いします。

■ネギま!SNSに参加中。
■コミュニケーションアプリ日記は毎日更新。
■驚愕の検索ワードで当サイトに辿り着く方、募集中。

ブロとも申請フォーム

リンク

業務連絡:
■特に無いです。
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。