RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

カテゴリー

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラバで人気投票企画「春の甲子園」開催中です。
よろしければご覧ください!
-----
それではサクサク感想行きます~。

★131時間目「オジコン・クライマックス!!」
■夜のパレードを見物する明日菜とタカミチ。
トイレと「電話」(実際はタバコ)と言って一旦席を外したタカミチは
せめてガトウの事だけは話してあげられないかと悩む。
■一方の明日菜もタカミチの前回の言葉が気になって仕方が無い。
そこに偶然通りかかったあやか。
いつものようにケンカになるが、彼女らしい励ましであやかは去っていく。
■告白阻止を行っていた刹那と楓は偶然明日菜達を目撃。
そしてそこにはこっそり後を追うあやかの姿も。
■2人は学園都市全体が見渡せる建物屋上へ。
あやかたちが見守る中、遂に告白する明日菜!
しかしタカミチの返事はノーだった……。
タカミチには精一杯の笑顔を見せて、明日菜は走り去る。
■一人残されたタカミチの横に現れたのはアルビレオ。
「せっかくの逆玉」と茶化すアルだったが、
タカミチは「人に愛される資格は無い」と呟く。
■泣きながら走り去った明日菜の元にやってきたのは、あやかだった。
初めは強がる明日菜だったが、敢えて多くを語ろうとしない長年の友人の前では
溢れ出る感情を隠しきる事は出来なかった。

★感想と考察「タイトル未定(ぉぃ)」
図書館探検部編に続き、今回も木乃香が役に立てませんね……。
麻帆良祭での役割がコーディネート担当になってます。
いいのか?(汗)
-----
明日菜の告白を覗くあやか・楓・刹那の3人。
この構図、どこかで見たことあるぞ?
……と思いましたが、4巻ののどかの告白の時ですね。
前回覗いていたのは明日菜・刹那・カモでした。
この時ののどかの勇気が、刹那の踏みこむ勇気となり、
今回の明日菜の勇気になっています。
では今後、この告白が更に他の面々に影響を与えるのでしょうか。
その影響を最も受けるであろう人物はあやかかと思われます。
いやぁ……本当に学祭後のクラスが想像できませんね。
明日菜の前で思わず出てしまった「家族」と言う単語にハッとした
あやかのことですから、今後「オジサマ趣味」とか言えなくなりそうですし。
-----
アルビレオも久しぶりに出て来ました。
この失礼な人の前ではプライバシーとかありません(笑)。
「逆玉」という単語が、明日菜が本当に「お姫様」もしくはそれに準ずる
高貴な生まれである事を証明しました。
まあ、多くの読者は先週の煽り文を見て
もっともっと突っ込んだ内容を期待していたと思いますが(苦笑)。
しかし、明日菜やタカミチ、詠春らが年齢を重ねているにも関わらず
回想と全く同じ姿かたちのアルビレオ……。
なんだか不気味です。
不老不死と言うのはそう言うものですけれど。
多くの作品で「不死の人物」は登場しますが、
作品完結までに時が流れず、その人物が不死である事の実感が無い
というパターンが多かっただけに、改めての衝撃でした。
-----
さて、次回からは新シリーズでしょうかね。
お化け屋敷への言及がチラリとあったので、ザジ?
スポンサーサイト


プロフィール

西崎慧太

Author:西崎慧太

プロフィール画像は
「ほしのはて」さんからお借りしています。

にしざき・けいた。
ネギま、特に村上夏美に激しく傾倒する神奈川在住の23歳男性。HNは本名ではないが、妙な紛らわしさがあるので、外部では「慧(けい)」の名で活動している事が多い。相変わらずマイペース更新な社会人2年生。




カウンター:2006/05/06~

リンク/アンリンクフリーです。

■西崎慧太の水の都
 -The Pocket Castle-
2000/11/25 開設(旧館)
2006/03/06 ブログ化。

独り言:
■テンプレを少し弄りました。何か不具合があったら報告お願いします。

■ネギま!SNSに参加中。
■コミュニケーションアプリ日記は毎日更新。
■驚愕の検索ワードで当サイトに辿り着く方、募集中。

ブロとも申請フォーム

リンク

業務連絡:
■特に無いです。
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。