RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

カテゴリー

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★夏美『マガジン本誌掲載分の感想です。
  単行本19巻に収録予定。ネタバレにはご注意ください』

★『今週掲載の「花形」には、遂に一徹が!
  ということは次回、伝説のあのシーンが!?


■173時間目「endless death study」

●ランキンの楽園

灰色は焼失した部分。
青は文字で隠れている部分です。
一部、合計点などから推測しています。

今回はとにかくカモのランキングに注目してしまいますね。
なかなかに不思議な内容であります。
茶々丸より上にいるのは明日菜、のどか、夕映、古菲の4人。
不在の明日菜がカウントされているのか?とか
小太郎がランクインしているかも?とかありますけれども。

実際のところ、修行を見に行った刹那もカウントされていますので、
明日菜も含まれているでしょうね。

で、気になるそのランキング。
ラブひなの偏差値を思い出した古参読者も多いでしょうね。

数値は50点満点が基本。各10点満点+αという形式。
50点を大幅に超えているトップ3は相当の物と言う事。
つまり、ラブラブ(笑)。

友・親辺りは分かりやすいとして、
恋・愛・色とかは少々区別が付きにくいですね。
「恋」が恋愛感情、
 (憧れとか、純粋に「好き!」みたいな)
「愛」が愛情、
 (愛おしさ、母性愛的なものも含めて…)
「色」がもっと肉体的なモノ(笑)とでも考えれば良いのかな?

●リトル○永くん

一番下は「茶々丸姉」と思われますが、彼女や和美の点数は
「まあ特別な感情は抱いていない一般の意見」として考えて良さそう。
茶姉の「色」が(ロボなのに)妙に高いのは
お風呂で脱がしたりしているから?
つまりはエヴァ様の影響か……怖いなぁ(笑)。

和美はますます外野としての地位を高めた印象。
やはり夕映や千雨とは外野レベルが、年季が違う!(笑)

続いてさよ
「恋」が突出。ネギへの憧れの強さが見て取れますが、
肝心の彼との絡みは幽霊と言う都合で
ここまでほとんどありませんでした。
しかし今回、エヴァの別荘では姿が見えるという新事実も発覚!
(※夕映と接触しているシーンがあります)
これならさよに新たな展開もあるかも……!?

でも、さよって「そこに居るだけで映える」んですよね。
画面の隅であわあわしているだけで皆を幸せにしてくれる、
ハムスターみたいな娘なんですよ。

●お姉さまに恋してる

続いて三者三様のお姉さんたち。

ハルナ「恋」は無いのに「色」は有るという
他に類を見ない異質の構成を持っています。
やはり無理やり唇を奪ったアレが効いているのでしょう(笑)。

の「親」は納得の数値。
意外と「色」が低い……お風呂に入ったりしてるのですが(3巻)
あくまでお子ちゃまなのでしょうかね(苦笑)。

千雨はネギを見守っているイメージがありましたが
彼女の感情は「友」に分類される模様。
確かに、楓や刹那に比べると
対等に近い立場でアドバイスを送ってきています。
その辺を踏まえて麻帆良祭を読み直すと面白そうですね。
「恋」「愛」は推定値ですが、合計15と高い水準。

そして「色」は間違いなく
「お…やわらけー……」によるもの(笑)

●このかさんホリデー

今回、私が個人的に注目したのが木乃香。
極めて初期からメインヒロインに近い立場にいるにも関わらず
「恋」が4。「親」「愛」の数値は高いですが、どちらかといえば
弟のような感情を抱いているとみて良いでしょう。

例えば刹那も似た得点構成ですが
木乃香と比べると、ネギを男性として見ている感があります。
茶々丸に到っては右の3つが平均10点超えで
見本のような恋愛タイプ構成です。
そうして見ると、やはり木乃香は興味深い……。


と、当然出てくる発想があります。
「だってこのせつだから」
そうです。木乃香の一番は刹那。これは譲れません(笑)。

とは言え、このせつの関係というのは
決して百合な恋愛感情とは違うんですよね。
あくまで友情の延長線上にあるもので、
いわば堅い信頼であり、「絆」と言うべきものかと。

今週冒頭の指キスにしてもそうなんですけど、
このせつのラブラブ度が高く見えるのは
刹那のクーデレぶりに拠るところがかなり大きいです(笑)。
木乃香自身は元々、積極的なスキンシップを取るキャラですからね
(4巻冒頭のネギへのキスなど)。

修学旅行編では、刹那が頑なに距離を置こうとしていたこともあり、
木乃香の態度がかなり積極的に映りました。
しかしそれ以上に、それまでネギを中心とした
放射状の人間関係が描かれていた中で、
生徒同士・横軸の強い関係が突如出現したことへの衝撃が
強いのではないでしょうか。

私的にこのせつは理想的な「魔法使いの主従・契約関係」ではないかと
思ったりしています。
木乃香は本当に露出の機会は多いのですが、
ピックアップされることが少ないのが問題点。
ネギとの恋愛関係が薄い分、魔法界編では期待が持てるかも……?

●夏の扉

……と、予想以上に木乃香への言及が長文化したので
あまり上位に割く気力が残っておりません(笑)。
とりあえず古菲の化けっぷりに脱帽です。
照れながらランキングを取り上げるあの表情……くあっ(謎)。
恋をして可愛くなる、と言うのを見事に表現している感じ。
ああもう、憎いですなぁ赤松先生(笑)。

このランキングは、あくまで「この場(別荘)にいる人物」限定。
まき絵やあやかは考慮されていませんが……。
ネギの精神面にも触れているまき絵はともかく、
あやかはそろそろ何かフォローが欲しいかも……。
一応、麻帆良祭でもいくらか接触はありましたが
相変わらず「ショタコン」から脱却できないのは辛いです。

さて、来週は合併号休みですが、次は……やはり裕奈かな?
Cパートの巨乳ネタは引っ張るのか。
前回の千雨が、今回別荘へ来ることのフラグになっていましたから
パターンとして有りうるかもしれません。

しかし、まだ夏休み自体は1日目なんですね……(笑)。
スポンサーサイト


プロフィール

西崎慧太

Author:西崎慧太

プロフィール画像は
「ほしのはて」さんからお借りしています。

にしざき・けいた。
ネギま、特に村上夏美に激しく傾倒する神奈川在住の23歳男性。HNは本名ではないが、妙な紛らわしさがあるので、外部では「慧(けい)」の名で活動している事が多い。相変わらずマイペース更新な社会人2年生。




カウンター:2006/05/06~

リンク/アンリンクフリーです。

■西崎慧太の水の都
 -The Pocket Castle-
2000/11/25 開設(旧館)
2006/03/06 ブログ化。

独り言:
■テンプレを少し弄りました。何か不具合があったら報告お願いします。

■ネギま!SNSに参加中。
■コミュニケーションアプリ日記は毎日更新。
■驚愕の検索ワードで当サイトに辿り着く方、募集中。

ブロとも申請フォーム

リンク

業務連絡:
■特に無いです。
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。