RECENT ENTRYS

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

カテゴリー

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日3月23日に発売されたネギま!ゲーム2点、バッチリ購入しましたよ。
(まだFF終わってないけど……)

GBA用ソフト「プライベートレッスン2 お邪魔しますぅパラサイトでチュー」

そしてPS2用ソフト「課外授業 水着だらけのドキドキバトルロワイヤル」
★夏美『西崎さんッ!? PS2版は乙女のドキドキビーチサイドだよ!!
  なんで南の島で銃を取らなきゃならないの』

これ。
★『あ』
何処をどう間違えればこうなるのか良く分からないんだが……
とにかくplaystation.jpではバトルロワイヤルと認識されてます(笑)。
-----
とりあえず、先にGBA版(アドネギ2)をプレーしてます。
PS2版(ネギゲー課外)はFFが終わってからですね。
ネタバレありでメモやら気づいたことなどをつらつら書く予定です。
(途中放棄する可能性もあり)
#ストーリー
#戦略・カード
#キャラクター

☆ストーリー
ステージ1:お化け屋敷

木乃香を探します。
パーティはネギ・明日菜・刹那。
刹那は一回りレベルが高く頼れる存在ですが、イベントで途中離脱します。
スタート時から回復カードを持っているのは刹那のデッキだけなので
引っぺがしておいた方が良いでしょう。
-----
クリア後、木乃香・刹那が加入。
初のキャラクターパート(自由行動)に突入しますが
私は木乃香に接触しただけでイベントが進行してしまい
他の人々の姿は一切確認できずじまい(笑)。
今後もパーティキャラと接触するとイベントが進行してしまうため、
事前のセーブが必須です。
-----
ステージ2:森林
行方不明になったのどかを探します。
スタート時に夕映が加入。パーティはネギ・夕映・フリー(私は明日菜で)。
落とし穴に落ちたり、木で隠された通路を進んだりと面倒臭いステージです……。
ボスは人面樹。
-----
クリア後、のどかが加入。
自由行動では亜子やハルナが登場。
工学部ビルを2回訪れると次ステージへ進みます。
海洋パークのいいんちょから貰えるカードは強力。
-----
ステージ3:工学部ビル
茶々丸を故障させた電磁波の発信源を探ります。
パーティはネギ以外はフリーです(のどか・明日菜)。
光っているのは対侵入者センサー?
調べると強制戦闘の後、通れるようになります。
ただでさえエンカウント率が高いのでやってられない部分がありますが……。
途中まで進むとが加入。
一旦脱出して、葉加瀬からカードキーを貰い、再度突入です。
(私の2回目のパーティは木乃香、楓)
原作で美空に「中ボス」と呼ばれていたメカ「ガンガル3」がボス。
固い上に回復を使う難敵です。
明日菜の超火力で粉砕するか、楓のエフェクトで回復を封じるかしましょう。
-----
3回目の自由行動にして待望の夏美ちゃん登場(笑)。
どうやらちゃんと小太郎は存在しているようです。
どっかに行ってしまって姿が見えませんが……。
今回も出演出来ないのでしょうか(汗)。
広場には龍宮がいます。
接触するとパーティイベントが進行し、龍宮が加入します。
それ以外のメンバーに接触してイベントを進めた場合
ステージ4で龍宮が加入しません。
(今後加入すると思いますが……未確認です)
-----
ステージ4:海洋パーク
行方不明になったチア3人娘を探します。
パーティはネギ以外はフリーです(刹那・明日菜)。
(その後私は一旦脱出し、夕映・明日菜で再突入)
石を穴に落とす作業を3回(4回だっけ?)ほど繰り返す必要があります。
一方通行の斜面などもあるのでこまめなセーブが重要です。
ボスはクラーケン。ちょっと固いだけ。
大して強くないです。
痺れさせるなり、跳び蹴りするなり、ご自由に料理してしまいましょう。
-----
4回目の自由行動。
広場に千雨が登場。大声で「ちうさん」と呼びまくる失礼なネギ君(苦笑)。
このゲームのネギ君はいつも暴走しがちで困ります。
海洋パークの千鶴はまた小太郎について言及してくれますが
……やはり小太郎、登場しそうにありません。
また海洋パークには古菲も登場。
龍宮と同じく、接触しておかないと仲間になりません。
次ステージに進む条件はお化け屋敷を2回訪問です。
-----
ステージ5:お化け屋敷(2回目)
スタート時にまき絵に魔法がバレます。
しかしカモがこれ幸いと勧誘、あっさり加入決定(汗)。
メンバーはネギ以外はフリーです。まき絵を入れる必要はありません。
さて、今回はお化け屋敷の西側に進めるようになります。
しかし東側(ステージ1)の部分は初めの時と全く同じ
出てくる敵の強さも変わっていませんし、宝箱の配置も……。
せっかくですから何度か入り直して、カードを回収しましょう。
(宝箱は毎回復活し、中身はランダムです)
・入ってすぐ宝箱。
・入ってすぐの階段を上ったところに宝箱。
この2つだけでも十分稼げます。もう少し遠出するなら
・1階右から2番目の扉より教室に入り、上へ、
 突き当りを右に行ったところに宝箱。
・2階、右の扉から教室へ、左の扉から廊下へ出る。
 更にその左の扉から教室に入ったところに宝箱。
最早ネギはノーダメージで進めます。
新加入の古菲・まき絵辺りを連れていってみてはいかがでしょうか。
-----
さて、話を戻しましてステージ攻略。
スイッチを押しながら進むオーソドックスな構成のダンジョンです。
(私の突入時メンバーはのどか・龍宮)
2回中央教室の奥でボス戦。
ボスはパーティメンバーのドッペルゲンガーです。
専用カードは使わないようですが、時々出す集中攻撃が厄介です。
私のネギも、偽ネギ&のどかにリンチされて死(笑)。
どうしても今回は運が絡みます。
複数敵と言うことで、攻撃役は隊長がお勧めでしょう。
あ、そうそう、ボスに武装解除は効きません(笑)。
-----
5回目の自由行動。
ようやくゆーなと出会う(笑)。
世界樹に夏美ちゃん登場。やっぱり話の内容は小太郎について。
コタはいつも通り登場しませんけど(苦笑)。
次ステージに進む条件はいずれかのパーティキャラに接触すること。
ここで登場するPCは楓(お化け屋敷)、のどか(世界樹)、
夕映(広場)、木乃香(工学部)、まき絵(森林)。
まき絵を除いた4人は選択次第で一枚絵&専用カードが獲得可能です。
好感度が関係すると説明書には書いてありますが……
どうなんでしょうか。ここまでの選択肢も重要なのでしょうか?
とりあえず今回はほぼ左の選択肢を選べば問題ありませんでした(笑)。
木乃香の2問目のみ、右の選択肢を選んでください。
一枚絵は実に唐突に登場します。
その格好に合わせたイベントがあると思ったのになぁ……。
絵はセーブしなくても記録されるので、リセットすれば4種類集まります。
●楓
忍び装束。専用カード☆4「AP800/GP-5/2回攻撃」
●のどか
エプロン。専用エフェクト☆2「GP-2/味全ダメージ1.5倍」
●夕映
魔法使い。何故か古菲専用カードが貰える(滝汗)。
☆3「AP500/DP1100/GP-2/全攻撃をかばう・カウンター500」
●木乃香
着物。専用エフェクト☆5「GP-5/全味復活・HP+100%」
迷ったら木乃香、五つ星なので。
古菲のカードもなかなか強烈ですね(でも夕映……)。
……あ、それから。
まき絵に話しかけてもカードは貰えませんが、一度くらい見ておくのも有りかも。
眩暈(めまい)がしますから(笑)。
マーベラスさんよ、まき絵は「ネギ先生」とか
「いくわよ」とか「ですよね」とか言わねぇですぜ……。
-----
ステージ6:森林(2回目)
行方不明になった鳴滝姉妹を探します。
メンバーはネギ以外はフリーです(刹那、古菲)。
こちらは入ったところからすでにMAPが変化しており
いきなり強敵と戦うことになります。
前回同様、隠れた通路を進む事になりますが
ひたすら上を目指そうと心がければ苦労はしません。
途中謎の声が呼びかけてきますが、特にそれ以上のイベントは無し。
ボスはケルベロス。
少し当たると痛いですが、前回のドッペル×3よりマシです。
それよりもマヒ防御に注意。削り屋のネギがよく止まります。
-----
6回目の自由行動。
次ステージに進む条件はいずれかのパーティキャラと接触すること。
そして今回も一枚絵が用意されています。
例によって選択肢は基本的に左を選べばOK(笑)。
●古菲(森林)
拳法着。選択肢は右→左。貰えるカードは夕映の時と同じです。
☆3「AP500/DP1100/GP-2/全攻撃をかばう・カウンター500」
●刹那(工学部)
スク水でネコ耳で尻尾。
☆3「AP800/DP0/GP-2/集中C1:AP+200, C2:AP+400」
●まき絵(広場)
新体操。☆2「GP-2/敵全:攻撃カード使用禁止」
●明日菜(海洋パーク)
武道会で刹那が着ていた和装メイド服。選択肢は左→右で。
☆4「AP1300/DP1400/GP-5」
●龍宮(お化け屋敷)
巫女装束。選択肢は左→左→右。
☆4「AP1450/DP900/GP-5」
好みが分かれそうですが、私は明日菜を選びました。
次ステージの事もありますし、龍宮はGPを激しく消費するタイプです。
対して、明日菜は契約執行を使えばノンコストですからね。
なお明日菜と龍宮のイベントでは
前ステージで現れた謎の声に関する話が聞けます。
なんとなくその正体が匂ってきます(特に龍宮編)。
-----
ステージ7:遺跡
唐突に広場が遺跡に変化します。

なんだかノリがパワポケみたいになってきたな……(笑)。
メンバーはネギ・明日菜・フリー(楓)。
明日菜が強制的に2番に入ってしまいます。
長瀬・神楽坂の豪華NK主砲体制で出撃(笑)。
ここはマップが広く、かなりだらけます。
スイッチなどは無いので、ひたすら先を目指すのみ。
岩を押したり、滑る床があったりとトラップは満載です。
最奥部でパラサイトに操られた明日菜が悪魔の封印を解いてしまいます。
イベント終了後脱出、ボスとは戦いません。
-----
最終ステージ:世界樹
復活した悪魔は魔力を補充すべく世界樹へ。
魔力を吸われて枯れかかった世界樹を舞台に、最後の冒険が始まります。
メンバーはネギ・明日菜・フリー。
私は夕映で行こうと思いましたが、
スタート直後に刹那の契約執行カードが入手出来たので、刹那にチェンジ。
前2回のダンジョンに比べると単純な構造です。
ボスはアークデーモン。
自分一人しかいないのに、無意味な集中コンボを使おうとします。
集中カード自体は非常に弱いので(DPはゼロですし)
ドッペルゲンガーの時のような怖さは全くありません。
無駄無駄無駄ァッ!と殴り倒すのみです。
-----
撃破後、学園長の元へ報告に行くネギ達。
世界樹が枯れたり、悪魔が目撃されたりして学園はボロボロ…と嘆く学園長。
しかし一番怪しいのは、じじぃが具体的な対策を一切示さなかったこと。
そう、全ての黒幕はパラサイトに寄生された学園長だったのです!!
狂った学園長が襲いかかって来ます。
最初ギャグかと思って吹いたらマジでした(笑)。
並のAPでも一発食らうと100くらいダメージを食らいます。
でも結局1対3ですから終始こちらが有利です。
-----
今回の騒動はネギを試すために始まったものでした。
ところがお化け屋敷を作ったまでは良かったものの、
そこに封じられていたパラサイトに学園長がやられて
このような騒動となってしまったのでした。
結局学園側は大規模記憶消去を行うことに決定。
何事も無い日常が戻ってきます。
しかし記憶は消えても、そこで培われた想いは残ります……。
-----
ところで謎の声の正体は具体的には明らかにされずじまい。
なんとなく予想はつきますが、消化不良っぽいです……。
え、小太郎? 知りません(笑)。

☆戦略・カード
前作と違い、防御力は攻撃を防ぐたびに擦り減っていく方式になりました。
(DP400のカードでAP300の攻撃を2回受けた場合、
 1回目は防げるが、2回目にはDP100まで減っているため突破される)
そのためキャラクターの並び順はなかなか重要です。
先頭キャラから順に攻撃をするのですが、先頭のネギは固定。
1番手のネギは攻撃してもブロックされる事が多いです。
故に「ガードブレイク」を持たせるなどして、削り役と割りきるべし。
-----
普通RPGでは前衛戦士・後衛魔法使いと言うのがセオリーですが、
このゲームでは後ろの人ほど相手DPが削られて有利に攻撃できるので
最後尾は戦士・明日菜となります(笑)。
序盤、高コストカードがろくにない時期は
明日菜にゲージが上がるカードを1枚も持たせずに
「AP250/DP200/ゲージ0の時はAP500」「AP500/対象ランダム」
などの低コスト・高火力カードを使わせまくりましょう。
後者は敵がひとりなら何の問題もないですし。
本当は「AP500/DP200」があれば上の2枚はいらないんですが
序盤ではちょっとレアですし……。
前2人で敵DPを削って「AP300/命中時全体攻撃」を当てるのも美味しいです。
ネギが削り、2人目が明日菜の攻撃力を上げ、明日菜が仕留める、美しい(笑)。
-----
先頭のネギは削り屋と割りきるとして、あとは2人目。
明日菜が不用としたGP+系カードをかき集め、火力を補填します。
お好みで。
-----
今作は正直不要なカードも混じってます。
例えば「AP350/DP150/命中時GP+1」ですが
「AP400/DP200/GP+1/何枚でも使用可」の方が全ての面で勝っています。
「AP0/DP400/防御成功時に敵を麻痺させる」効果まで同じなのに
GP0のカードとGP-1のカードがあったり……。
(ちなみにどちらもレア度は4つ星)
いらないカードは合成送りです(笑)。
リセットしながら色々試しましたが、今回も合成では
レア度4つ星のカードまでしか作れないようですね。
今回5つ星のカードは何種類あるのか……(前作は2種類)。
とりあえず手元には敵を麻痺させる効果の5つ星カードがあります。
(確か夕映が加入時に持っていた気がする)
また、自由行動5回目の木乃香のイベントで、彼女の必殺技として
味方全員復活&全回復と言うトンでもカードが貰えますがこれも5つ星。
(回復技がどう必「殺」なんだろう……)
-----
前作後半では大活躍したコンボ。
ところが今回はかなり弱体化しています。
・コンボ系カードはDPがゼロ、つまり攻撃にしか使用できない。
・その上通常カードより弱いカードが多い。
・各キャラごとのデッキと言うシステムに代わったため、
 コンボを基本戦術として使おうとするとデッキを圧迫する。
などなど…。
「コンボ使用者は全員が同じ敵を攻撃する」システムも困り物。
戦略の幅が縮まります。
3人掛かりで敵にマヒを与えるとか、美味しくないですよ。
もう死にかけてたりするから(笑)。
また、説明書には3人で集中コンボを使用した場合について
1人目…通常通り、2人目…C1発動、3人目…C2発動
と記述されていますが、実際は全員C2が発動するのも気にかかります。
しかも3人でコンボを使った時、絶対にC1が発動しません。
例えそれがC2が設定されていないカードだとしても。

この辺がどこまで仕様で、どこからバグなのかは分かりません。
しかし、現実としてこのカードは非常に使いづらくなっています。
むりにコンボは戦術として狙わず、単独でも強力な
キャラ専用コンボカードのみをデッキに組みこみ、
発動できたら運が良い、くらいに考えるべきでしょうね。
-----
「次フェイズで与えるダメージが2倍」というエフェクトカードがあります。
刹那と古菲が専用エフェクトとして所持しているのですが
この「次フェイズ」がなかなか曲者。
今作では「1ターン」の間に「自フェイズ」と「敵フェイズ」があります。
が、どちらが先攻になるかは毎ターンランダムです。
このエフェクト、次のフェイズが自フェイズでないと無駄です。
後攻のターンに、次は先攻になる事を祈って使うか?
後攻ターンの敵フェイズに、無防備覚悟で使うか?
どちらかというと後者でしょうけど……。
強力そうなんですけどねぇ……(詳しくはまだ未確認)。

☆キャラクター
麻帆良祭1週間前が舞台です。
さよと茶々丸の回が終わった辺りかと推測されます。
-----
●ネギ=スプリングフィールド(先頭固定・削り屋)
前作に続き、責任感大爆発な主人公。
その割に平気で生徒のスカートを剥きまくる(笑)。
システム変更に伴い、主人公なのに相手の装甲を削る役目に。
まあ前作でも終盤は回復役だったし……。
万能系らしく、AP/DP/コスト全てが高い専用カードが揃っています。
火力は後ろにまかせるのも手ですが。
そうそう、先頭固定なので集中コンボ効果も発動しないですね。
集中コンボは何人目かではなく、総人数で判定されるようです(byついんさん)。
説明書はウソツキですな(滝汗)。
カットイン:魔法の射手
-----
●神楽坂明日菜(主砲・ノンコストの女王)
ノンコストで超火力を叩き出す主砲。トロルも蹴り一撃で倒す中学生。
防御系専用カードも「DP650/GP0」と鉄壁で、今のところ非の打ち所がありません。
契約執行やAP+200を使えば中盤以降もノンコストで充分活躍可能。
終盤は強制的にメンバーに入ります。
※契約執行…
 4フェイズの間ダメージが倍増。
 全てのカードのGP値が+/-に関わらず0になる。
カットイン:跳び蹴り/ハマノツルギ
-----
●近衛木乃香(2番打者・回復重視)
妙に毒のある今作の木乃香さん。
専用カードがGP+2なのでゲージは貯めやすいですが
火力は貧弱、さらに防御系専用カードが「AP0/DP350/GP+2」って……。
防御系なのに1発目であっさり破られることも多いです。
通常の盾カードを多めにもっていき、上記の専用カードは
暇な時に攻撃で使えるようにしておくのも手かも(笑)。
(※もちろんノーダメージ、でもゲージは貯まります)
中盤以降は専用エフェクト「GP-1/全味方HP+50%」などで
強力な回復屋になれますから、それまで我慢。
カットイン:治癒魔法
-----
●桜咲刹那(2番打者・火力重視/主砲)
前作ではガードブレイカーとして活躍したせっちゃん。
今回はコストがやや高くなりましたが、実力は健在です。
充分主砲として働けますが、火力を重視するなら
ガードブレイクなどを揃えて2番打者にするのも有り。
誰とでも組め、どこでも働けます。
専用カードには「AP900/ガードブレイク400」と言うものもありますが
敵がそんなに高DPのカードを使う機会があるのでしょうか?(苦笑)
(しかも今作では先頭のネギがDPを削る訳だし……)
契約執行を持っているのもポイント高し。
カットイン:百裂桜華斬
-----
●宮崎のどか(2番打者・サポート重視)
HP・攻撃・防御全てが低めの水準です。
完全にサポート系、2番打者向き。
専用エフェクト「全敵AP-200」は彼女自身が無防備になるので危険。
「全味方AP+200」を活用し、明日菜を助けましょう。
むしろ隊長と組ませれば大量殺戮が可能です(笑)。
カットイン:読心術
-----
●綾瀬夕映(2番打者・GP重視)
意外と攻撃力はなんとかなります。
専用カード「AP450/DP略/GP+2」が非常に使いやすい……のですが、
決定力に欠けますので、これでGPを貯めてステータス異常狙いがお勧め。
そう言う戦略が夕映らしいと思うし(笑)。
なお今作は紐パンではありません!
カットイン:魔法の射手
-----
●佐々木まき絵(2番打者・妨害重視)
ステータス異常を誘発させるディフェンスタイプ。
攻撃力は低いので2番打者向きです。
ノンコストで敵を痺れさせるボスキラー。
口調が物凄い事になっているので、またドッペルゲンガーか!?と
身構えてしまいました(笑)。
カットイン:リボン(でも攻撃エフェクトは魔法の射手……)
-----
●長瀬楓(2番打者・火力重視特殊)
火力よりも手数と内容で勝負するトリッキータイプ。
残念ながら単独主砲とするのは難しいので、2番打者に据えるべきか。
攻撃力を上げて2回攻撃と行きたいところですが……。
味方の攻撃をコピーしたり、AP0カードをAP750に変化させたり出来るので
明日菜や龍宮のような高火力タイプと組ませるべきでしょうね。
工学部でパーティ内会話を行った際に「私」と口走っていたのは謎。
カットイン:巨大手裏剣/分身攻撃
-----
●古菲(主砲・カウンター)
GP+で高火力の専用カードを持つ、主砲タイプ。
その分防御力がかなり薄いので要注意。
木乃香やのどかのサポートが欲しいところです。
加入が遅く、専用カードのDPも薄いので、活かし辛い感があります。
カットイン:拳法
-----
●龍宮真名(主砲・掃除屋)
全体攻撃を得意とする主砲タイプ。
古菲と同じく防御は薄いです。
のどかに補佐させましょう。鬼と化します。
ネギで削るのを忘れずに。
カットイン:二丁拳銃乱れ撃ち
-----
以下NPC。
●相坂さよ
お化け屋敷の前などに登場。
朝倉との絡みは現時点では皆無。
●明石裕奈
アニメ1期準拠だから髪の色が眩しいよ、ママン……。
●朝倉和美
困った表情が良いぞ、今回の朝倉。
個人的には参戦してもらいたいのですけど……。
●和泉亜子
少々関西弁が怪しい(汗)。
この娘も「私」って口走っていた気がするんですが、これは気のせい?
●大河内アキラ
とても明るい性格で、茶目っ気溢れるアキラ。
意表を突かれた(汗)。
●柿崎美砂
妙にネギに対して礼儀正しいです。
チアはチームワークが命なのに単独活動では……。
●春日美空
開発時期の都合上、あきらかに別人(爆笑)。
お…おしとやかすぎる……ッ!!
どちらが本当の美空と取るかはあなた次第です。
ちなみに画面上の愛称表記は「春日」(滝汗)。
●絡繰茶々丸
熱暴走起こしまくり。今回も加入してくれません。
と言うか出番自体が激減しています。
●釘宮円
くぎみーと呼ばれても怒りません。
やっぱり口調に違和感を覚えるチアの皆さんであります。
●早乙女ハルナ
触角が妙に短い。ラブ臭を嗅ぎ取れないのでは?
待望の登場ですが、残念ながら魔法を知らないので蚊帳の外。
●椎名桜子
愛称表記がなんと「椎名」。
ネギにも「桜子さん」と呼ばれたり「椎名さん」と呼ばれたり。
どうにもチアのキャラクターの扱いが適当です。
それにしても「椎名さん」ってかなりの違和感があります(笑)。
●超鈴音
いろいろ怪しいところを覗かせてはいますが
開発時期の都合もあって活躍(暗躍?)は特に無し。
●那波千鶴
小太郎の飼い主(笑)。
自由行動では生徒同士の絡みが無いのが悲しすぎる。
あやかや夏美との掛け合いがこの人の魅力なのに。
●鳴滝風香
ピンクが目に焼きつくぜ。
微妙に敬語を混ぜる口調はやめて欲しい。
●鳴滝史伽
アニメの悪夢再び。
今回もそのキャラクター性は忘れられ、風香コピーと化しております。
どうなってるんだマーベラスさん……!
●葉加瀬聡美
なんだか言動に違和感を覚えるのですが(何人目だ)葉加瀬です。
この人、魔法知ってるんですけどねぇ。
どうも開発陣には「魔法を知らない人」だと思われている気がします……。
●長谷川千雨
ネギに「ちうさん」と呼ばれまくり。
次回作では満を持しての参戦を期待します。
それから忘れていましたが、皆アニメ1期準拠の彩色にも関わらず
ひとりだけ原作準拠です。やっぱり緑はアレだよね。
●エヴァンジェリン
物影から話しかけるのが好きなマスター(笑)。
ドット絵は金髪ですが、画面上ではクリーム色の不思議ヘアーです。
裏で色々頑張っているためか、自由行動には登場しません。
●村上夏美
例に漏れず絡みを失った事で、「一応登場する」程度。
キャラを把握されていないチアや鳴滝姉妹よりマシなのかもしれない(滝汗)。
●四葉五月
神隠し騒動を物ともせず、学園祭に向けて出店箇所を考える
異常に商魂たくましいさっちゃん(笑)。
今回はカッコ付きで喋ります。
●ザジ=レニーデイ
登場はしましたが、喋りません。
……もしや手抜きですか、マーベラスさん?
●アルベール=カモミール
さすがに分かりやすいキャラなので、変な解釈はありません。
●学園長
オープニングとラストで登場。
明らかに異常が起こっているのに、その辺はネギに丸投げ。
……と思ってたら凄いことになった。
●犬上小太郎
ストーリー進行に矛盾せず、ちゃんと麻帆良にいるようです。
しかし画面には登場せず。
海洋パークの水槽に飛び込んだり、そうかと思えば海に行ってしまったり
偽ネギに蹴られて怒り爆発したりと相当のおバカになっている様子。
(海って千鶴さん、ここ埼玉県じゃ……)
●タカミチ=T=高畑
●源しずな
●チャチャゼロ
前作では登場したサブキャラの皆さん、
生徒に容量を取られたのか? 出て来ません。

更新履歴(毎回全体的な微修正は行っています)
3/24 15:00
・第1回更新。
3/24 18:00
・第2回更新。龍宮のコメントを追加。
3/24 21:00
・第3回更新。古菲・まき絵・千雨追加。
3/25 1:30
・第4回更新。カード合成などを追記。
3/26 13:30
・第5回更新。ステージ5を追記。
3/27 16:00
・第6回更新。ステージ6・コンボなどを追記。
3/28 12:00
・第7回更新。クリアしました。
スポンサーサイト


プロフィール

西崎慧太

Author:西崎慧太

プロフィール画像は
「ほしのはて」さんからお借りしています。

にしざき・けいた。
ネギま、特に村上夏美に激しく傾倒する神奈川在住の23歳男性。HNは本名ではないが、妙な紛らわしさがあるので、外部では「慧(けい)」の名で活動している事が多い。相変わらずマイペース更新な社会人2年生。




カウンター:2006/05/06~

リンク/アンリンクフリーです。

■西崎慧太の水の都
 -The Pocket Castle-
2000/11/25 開設(旧館)
2006/03/06 ブログ化。

独り言:
■テンプレを少し弄りました。何か不具合があったら報告お願いします。

■ネギま!SNSに参加中。
■コミュニケーションアプリ日記は毎日更新。
■驚愕の検索ワードで当サイトに辿り着く方、募集中。

ブロとも申請フォーム

リンク

業務連絡:
■特に無いです。
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。